美容皮膚科医求人ランキング

美容皮膚科医求人TOP >> 美容皮膚科医の転職の基礎 >> 美容皮膚科医の仕事内容

美容皮膚科医の仕事内容

美容皮膚科医の仕事内容は、患者さんの美に対するリクエストにこたえて、適切な治療方法を提案することです。一般皮膚科の場合には、疾患を抱えていたりトラブルを持っている人が治療するために足を運びますから、医師の仕事は疾患名を判断して適切な治療を行うことになります。しかし美容皮膚科の場合には、患者さんは疾患を持っているわけではなく、小じわが気になるからなくしたいとか、シミを取りたいなど、審美面に自分自身で不満を抱えるためにクリニックにやってきます。肌質はそれぞれ異なりますし、悩みやトラブルだと感じる症状の度合いも人それぞれです。同じ症状を改善できる治療方法にもいろいろな方法があり、使用する機器が異なります。美容皮膚科医の仕事は、患者さんの肌質に合わせて目的を達成できる最善の方法をアドバイスすることになります。

美容皮膚科医の具体的な仕事内容ですが、この診療科目は毎年どんどん新しい治療方法が導入されています。例えば、気になるシミを除去する場合には、少し前まではレーザーを使った施術がメインでしたが、レーザー治療ではすべてのシミを消せるというわけではありません。日焼けによる老班はレーザー治療で消すことができても、体内に原因がある肝斑は消すことができず、この場合には塗り薬やビタミン注射などによって体の内側から治療を行うことになります。その注射を行うのも美容皮膚科医の仕事となります。

また、ニキビ跡がひどい人や肌質を改善したい人に施術されるピーリングも、美容皮膚科医の仕事内容となります。この施術は高いスキルが必要になるだけでなく、患者さんにはダウンタイムと呼ばれる「人に見せたくない期間」が発生するため、あらかじめしっかりカウンセリングを行ってメリットやデメリットを説明し、患者さんが納得した上で施術を行わなければいけません。また、1週間〜2週間とも言われているダウンタイムの生活方法などもアドバイスをすることで、施術後のトラブルを防ぐことができます。皮膚医療に関して専門的な知識を持つ美容皮膚科医にとっては、患者さんごとに理解しやすく分かりやすい言葉で説明することは、大切な仕事内容の一つなのです。カウンセリング業務は、簡単そうで意外と後からトラブルの原因になりやすい作業のため、コミュニケーションスキルや相手に分かりやすい言葉で説明するスキルなどは身につけておくことが必要です。また、美容を売り物にしている診療科目なので、自分自身の身の回りや着こなしなどもそれなりに努力しなければいけません。

美容皮膚科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2016-2018 美容皮膚科医求人ランキング All Rights Reserved.