美容皮膚科医求人ランキング

美容皮膚科医求人TOP >> 美容皮膚科医の転職の基礎 >> 美容皮膚科医と研修

美容皮膚科医と研修

診療科目の中では比較的新しい科目として知られている美容皮膚科は、健康保険が適用されない自由診療を行うために診療報酬が高く、勤務時間に比べると高収入を得ることができる診療科目と医師にとても人気があります。美容皮膚科医になるためには、医学部でしっかり勉強した後に医師国家試験を受験して合格しなければいけませんが、特定の診療科目に絞って免許が発行されるというわけではなく、免許を取った後に自分がどの科目を専門にするかを決めて研修を受けることができます。多くの研修医は、短期間で多くの知識を学んだりたくさんの症例を勉強できるようにと大学病院や総合病院で研修を受けることが多いのですが、こうした病院には美容皮膚科が設置されていないことが多く、美容皮膚科医を目指す人にとってはどの科目を選べばよいのか迷ってしまうものです。

美容皮膚科は、小さな規模のクリニックが多く、実務経験を通して職務に必要なスキルを学ぶことができますが、新人医師の研修はどこの医療機関でもOKというわけではありません。研修医療機関として認定されている病院でなければいけないため、大学病院や総合病院など大きな規模の医療機関が多くなってしまうのです。美容皮膚科医を目指す場合には、研修では皮膚科や内科、外科、形成外科などを専門にすると良いでしょう。基本的に研修は2年間となりますが、美容皮膚科医の場合には後期研修がその後3年間あります。後期研修では、皮膚科に関する専門的な知識や形成外科に関するスキルや実力を身につけることができるため、後期研修が終了する頃には一人前の医師に近づけます。

美容皮膚科医の魅力は、美容皮膚科を専門にしていない人でも転科して転職しやすいという点です。この診療科目では、皮膚科で学ぶ知識や形成外科で学ぶ知識などを生かすことができますが、その他にも外科や内科などの知識が役に立ちます。つまり、これまでどんな診療科目を専門にしていた人でも、仕事の中で経験やスキルを活かせることがあるため、まったくのゼロからのスタートというわけではなく転職の際にもマイナスになることが少なくなります。ちなみに、研修を終えた後にすぐに個人経営の美容皮膚科クリニックに転職したいという場合には、経験が少ないためになかなか採用されないことは理解しておきましょう。ある程度医師としての経験を積んだほうが、それまで美容皮膚科の経験がなくても採用されやすくなります。

美容皮膚科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2016-2018 美容皮膚科医求人ランキング All Rights Reserved.