美容皮膚科医求人ランキング

美容皮膚科医求人TOP >> 美容皮膚科医の転職の基礎 >> 美容皮膚科医になるには

美容皮膚科医になるには

美容皮膚科医になるには、まず医師免許を取得することが必要です。健康保険が適用されない自由診療が多い診療科目ですが、行う行為は全て医療行為になるため、医師免許がなければどれほど美容に詳しくても美容皮膚科医になることはできません。全国各地に医学部が設置されている大学がありますから、そこで6年間しっかり勉強し、その後で医師の国家試験を受けて合格すれば、晴れて医師として働くことができるようになります。

医師免許を取得しただけの新米医師では、どんなクリニックでも採用してはくれません。特に、規模が小さなクリニックでは、医師としての最低限の知識や技術力を持っている人を経験者として優遇することが多いため、まずは美容皮膚科に関連する診療科目で、しっかりと基本的な知識を学んで技術力を身につけましょう。資格を取得したばかりの医師は、大学病院のようにたくさんの診療科目が設置されている医療機関で経験を積むことが多いのですが、こうした大学病院に美容皮膚科が設置されているのはとてもマレです。美容皮膚科が設置されていれば、そこを希望して専門的な知識を身につけることができますが、美容皮膚科が設置されていない場合には、皮膚科や形成外科など専門にすれば、後から美容皮膚科医として転職する時にも役に立つスキルを身につけることができます。

近年では、医師免許を取った新米医師で美容皮膚科医を目指す人は、内科や外科等幅広い診療科目を少しずつ学ぶための臨床期間を2年受けることが課せられています。ただし、医師のお仕事は特定の診療科目に対して免許が発行されるわけではなく、基本的にはどの診療科目を専攻しても問題ありません。そのため、最初から美容皮膚科医として働くことができなくても、皮膚科や内科、形成外科などを学んだ上で美容皮膚科医として転職することもちろん可能です。

美容皮膚科医といっても、職場によってどのような治療を行うかは異なります。例えば、レーザー治療を中心としたアンチエイジングのシワ取りやシミ取り、ニキビ跡の除去などを行う場合もあれば、永久脱毛の施術を行うクリニックもあります。また、美容皮膚科の中には美容形成外科も兼ねていて、二重瞼の手術や豊胸術などを施術しているクリニックもあります。美容形成外科を兼ねているクリニックへの転職を考えている場合には、外科的なスキルがあると採用されやすくなりますし、レーザーを中心とした施術を行っているクリニックなら外科的なスキルよりも皮膚科としてのスキルが高く評価されることが多いようです。

美容皮膚科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2016-2018 美容皮膚科医求人ランキング All Rights Reserved.